■開催概要

東三河ものづくりの魅力発信と人財育成

ものづくり博は、昭和59年から隔年で、ものづくり企業のPRの場として開催しています。

当地域のものづくりは、戦前の製糸業、戦中の軍需産業を基盤として成長し、自動車やプラスチック、そして食品、精密機械、鉄鋼など特定の分野に集中していないフルラインの構造が強みです。
一方で昨今、当地域の課題として、事業所数の減少や産業規模の縮小などが挙げられ、これらの大きな要因のひとつとして、若者のものづくり離れによる「後継者不足」や慢性的な「人財不足」が叫ばれています。

このような厳しい状況のもと、今回は当地域の“次世代の若者たち”に向けて、世界トップクラスの金属加工技術や先端光学技術、機械技術をはじめ当地域で活躍する各分野の“超絶”技術や当地域のバイオマス、農業技術をはじめとする“新”技術・施設等の紹介を通じ、ものづくり技術の強さや魅力を発信し、次世代のものづくり人財の育成や地域産業の持続的な発展を大きな目的として開催します。

●会期
平成30年6月15日(金)16日(土)両日10:00〜17:00
■会場
豊橋市総合体育館
豊橋市神野新田町字メノ割1の3
 
 
■主催
東三河広域経済連合会
■後援
中部経済産業局、愛知県、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、東栄町、設楽町、豊根村、豊橋市教育委員会、愛知県教育委員会、浜松商工会議所、飯田商工会議所、NHK豊橋支局、中日新聞社、日刊工業新聞社、中部経済新聞社、東愛知新聞社、東海日日新聞社
■協賛
豊橋技術科学大学、愛知工科大学、(株)サイエンス・クリエイト、(以上予定)
ものづくり博2018 出展社募集チラシダウンロード用
ものづくり博2018 出展社募集(表面)
ものづくり博2018 出展社募集(中面)
申込書
FAX用
PDFをダウンロードできない方は:
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、下のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。(Adobe Readerは無償です)Get Adobe Reader